交通事故にあったら弁護士に相談しましょう。

交通事故被害者は弁護士に相談することから始めましょう。
治療をするにも、会社を休んだ補償(休業損害の補償)を受けるにも、後遺症が残った場合の補償(後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益など)を受けるにも、弁護士に相談して加害者の保険会社と交渉をしてもらうだけで弁護士に頼まない場合に比べて数百万円から数千万円も違い(被害者が受け取る金額が弁護士費用を差し引いても圧倒的に多い)が出る場合が本当に多いのです。

law

通勤中に事故に遭った場合、会社に報告する?

 通勤中に交通事故に遭った被害者の場合、会社側ではなぜ出社しないのか心配していますから、可能なら会社に報告しましょう。

気を失っていたりした場合は仕方ありませんが、意識がはっきりしている場合は、周囲の人に頼むなりして連絡したほうがいいでしょう。加害者の場合も、その後の現場検証で出社できませんから、会社に報告します。

call

 通勤中の交通事故ですから、被害者は労災保険を使うか、自賠責保険を使うか選択することになります。特段の事情がない限り、自賠責保険を使って何ら問題はないです。ただし、被害者の過失割合が7割を超えそうな場合は、労災保険を選択します。

自賠責保険では、被害者の過失割合が7割以上であった場合、給付金が減額されます。加害者と過失割合で見解の相違があり、加害者が被害者の7割以上の過失を主張している場合も、労災保険にしたほうが無難です。労災保険では、過失割合に関係なく補償されます。他に、加害者の車が、加害者の所有する車ではない場合も、労災保険を使いましょう。

 加害者が使っていた車が通勤専用であった場合は、会社に賠償責任が及ぶことはありません。しかし、業務にも使っている車であれば、会社に賠償責任が生じることがあります。

交通事故の裁判の費用の相場は?

 交通事故の裁判の費用の相場は、けがの重傷度によっても、争点の有無によっても異なり、判決が確定するまでの期間もまちまちですのでケースバイケースです。交通事故を専門に扱う弁護士事務所の多くが、無料相談を受けつけています。

 弁護士の無料相談を利用しましょう

 そこで相談し、だいたいの費用を聞いてみることです。費用倒れとなりそうなケースなら、事務所側からそう説明されます。重傷の場合、費用倒れになることはまずありませんので、ほぼ必ずと言ってよいほど引き受けてもらえます。軽傷の場合でも、被害者の加入している民間保険に弁護士費用特約がついていたら、たいてい被害者が弁護士に支払う弁護士費用(着手金や弁護士報酬や実費も出ます)が多くの保険会社では300万円までは出ますので、費用倒れになる心配はありません。

  弁護士費用特約が使えない場合でも、重症であれば、賠償金の増額部分で十分弁護士報酬が賄えますので、着手金無料で引き受けてもらえる場合が多いです。

  交通事故の被害者は、突然怪我を負わされ、体の自由が奪われ、収入も断たれていることが多いので、特に重傷の場合などは、弁護士報酬が用意できないこともあるでしょう。弁護士事務所の中には、成功報酬のみ受け取るというシステムになっていて、賠償金が支払われるまで弁護士への支払いをしなくて済むところもあります。弁護を引き受けてもらえたら、支払いを気にする必要はないところもあります。 

free_consult

私道で交通事故が起きた場合道路交通法は適用される?

 私道であっても、一般交通の用に供する、つまり多くの人や車が日常的に行き交っている道なら、道路交通法は適用されます。そうした私道で起きた交通事故なら、道路交通法は適用されます。

 例えば団地や大型マンションの敷地は私有地で、そこにある通り道は私道なわけですが、住民のみならず、宅配便や郵便配達、新聞配達の車両も日常的に行き交ってています。そこで起きた交通事故なら、道路交通法ですべて処理されます。駐車場以外の通り道に駐車していて、他の車両の通行の妨げになっていたら、私有地内の私道であっても警察は来ます。
  
hospital

  塀に囲まれた個人宅や企業の敷地内なら、他の車は入らない、即ち一般交通の用に供してはいないわけですから、どこに駐車しても構わないわけですが。
 都市部で大規模集合住宅が多い地域だと、公道や私道の区別を意識せずに使用している例が大半です。塀に囲まれていない敷地も多く、通り抜けに利用されていることもあります。

  是非はともかく、一般交通の用に供されているという現実があるなら、道路交通法の適用範囲となります。戸建て住宅地として開発された敷地内の私道を、住民以外が近道として通り抜けることを制限しようとする例などもありますが、その制限が徹底しておらず、事実として一般交通がおこなわれていたら、それは道路交通法の適用下にある道ということになります。

The couple are looking for a new house because the marriage

 ただし、公道との出入りを遮断されている私道なら、道路交通法は適用されません。

一言いいたい

後遺障害等級認定の際の注意点

交通事故で怪我をして、治療が一段落して症状固定が近づくと医師から「そろそろ症状固定にしましょうか」と言われたり …

consultation

事故で頭部を打ったら

交通事故で頭部を打って意識障害があった方は要注意です。 高次脳機能障害という交通事故の後遺障害があるのですが、 …

Elderly doctor man in clinic. Health care background.

交通事故で怪我をしたら

交通事故で怪我をしたら、まず病院に行きましょう。 物損事故として処理して欲しいなどと加害者側から言われることも …

talk
PAGETOP